私のワキ汗を止める方法

脇汗

  • 冬でもシャツはもちろん上着まで汗染み。恥かしくてコートが脱げない。
  • 汗パッドもスグに濡れてボトボトに。汗が肘から滴り落ちることも。
  • 汗染みの目立つ色の服を選べない。常に汗染み中心に洋服選び。
  • 運動が好きだけど汗が怖くて思いっきり体を動かせない。
  • 汗臭いのではと気になって人に近づくのがイヤ。
  • 真剣に多汗症手術をしようと考えている。

どれかに思い当たるふしはありますか?実はこれ、私はすべてはてはまってました。みなさんご存知の多汗症です。

私のわき汗

元々子どもの頃から汗かきでした。でも、

夏になれば汗をかくもの。運動をすれば汗をかくもの。辛い物を食べれば汗をかくもの。誰でも一緒。

そう思っていました。

でも、就職して新しい環境に放りこまれてから、症状が悪化しました。強い緊張を感じたりすると異常に脇汗をかくようになりました。

冷房でキーンと冷えた部屋での会議中に、ジャケットに広がる汗染みを見た上司が、

大丈夫か?体調悪いのか?

みんなにも心配そうに見つめられた時、「私の汗かきは尋常ではない」と認めざるを得なくなりました。

ワキ汗

それからは、まさに地獄の日々でした。

他人に言われて余計に意識に植え付けられたからでしょうか、緊張を強いられる状況になると、「汗が出るのではないか?」と不安になり、上着に汗染みが広がりました。

恥ずかしいので上着を脱ぐとボトボトと腕から汗がしたたり落ちてきました。

どんどん症状が悪くなっていきました。

脇汗パッドは家を出て数分もすれば汗でびしょびしょに。汗染みの目立つ原色系の服は着れなくなり、かといって白い服はすぐに黄ばんでしまうので、黒い服かボーダーのような服ばかり。

着たい服が着られなくなりました。

もちろん、こうしたわき汗を直したいと思って、見つけた方法はすべて試してみました。藁をもつかむ気持ちで、制汗剤も明らかに怪しいものにも手を出しては裏切られ続けました。

誰かに相談したかったけど、誰にも言えませんでした。

もう私に残された道は、神経を遮断する手術しかない

そう思っていました。

今、私は手術を受けてはいません。それに代わる方法でわき汗を抑えられたからです。その方法は、意外と当たり前の方法でした。

(⇒2ページ目へ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする